平成20年8月〜9月 お酒と肴に関する前向きなアンケート。



 お尋ねしたアンケートと私の答え、
その後に皆様の回答を載せています。






(問)お酒とお肴、お気に入りの組み合わせをご紹介賜れば幸いです。



とりあえず冷やして飲まれるお客様が多いようですが、ゆるく冷やす位ならともかく、冷やし過ぎは本来の酒の味の良さを非常に損ないます。
確かに冷酒にも良さがありますが、逆に温めてあげた方がその酒が持つ味わいが良く出てくる場合も少なくありません。越乃寒梅の蔵元さんは大吟醸をぬるくお燗して飲むのが一番好きだそうです。(高価なので蔵元だけが出来る事かもしれません?)白ラベルから特撰まで、あっつあつにしなければ美味しくお燗酒を楽しめます。また、越乃寒梅以外でも、火入れしない生酒、火入れが1回少ない生貯蔵酒などを除いて、大体の清酒はお燗を楽しめます。徳利とおちょこをひとつでも用意して、ちょろちょろと晩酌されるのも大層な贅沢だと思います。



 以上が前田真司の答えでした。
以下に記しましたのが皆さまから頂戴致しました御回答です。



39人の方にご回答いただきました。ありがとうございます。



少し冷やした特選とお刺し身



1、亀の扇と松葉蟹
2、緑川に塩辛に辛し大根おろし
3、北の誉に酢ダコ



日本酒はあまり飲めません。ごめんなさい。
・芋焼酎木挽&焼ぎょうざ
どちらもくさみがたまりません。
・黒糖焼酎れんと水割&きりたんぽ鍋
南と北のものが以外と合います。



・少し冷やした特撰とサンマの塩焼きが好きです。



私の寢酒の習慣は、老人ホームに入居してからの二年ほどのもの。
グラスに氷をたくさん入れて越の寒梅をいっぱい入れる。夏冬とも。
それ以外の飲み方、また寒梅以外の酒はほとんど知らない。
つまみは80才をこえた老婦にムリはいえないので、マカダミアンナッツかフライビーンズが中心。前者はオーストラリア産が安く、後者は豆源のものがベストだと思う。



別撰を少し冷やし「えだまめ」で
別撰を「ぬるく温め」「とおふ」に日光トーガラシのしょうゆずけを(5年物)こまかくきざんだのにつけてたべる
酒がすすみます



少し冷やした別撰に当目
少し冷やした別撰に海苔のつくだに海苔
少し冷やした別撰に塩まめ



私は少し冷やした無垢とアジの干物が大好き(お酒自体はぬるめが酒本来の味がでるのですが私自身は、少し冷やしたのが好きです)



夏のスタミナ料理としてオクラをすりおろして玉子とまぜ正油で食べてみて下さい



冷やした白ラベルと岩牡蛎



良く冷やした特撰とサイコロステーキ、鰻



少し温めた別撰と冷シャブ(牛)



あつかんにおでん
じゃがいものバター焼



冷やした特撰に揚げ出し豆腐
冷やした特撰にゴーヤの天ぷら
冷やした特撰に肉じゃが



常温の別撰とゴーヤとイリコをまぜた肴。



「ぬるく温めた別撰にお刺し身」



肴にこだわらず別撰(常温)、強いて言えば”塩分とりすぎ”気にしながら塩味なんでも



やっぱり夏は少し冷やした特撰と冷奴で
冬はぬるく温めた無垢と煮込みですね



冷やした無垢にグリコのクラッツ!!
これ最高ですッ!!



塩辛(イカ)カツオの酒盗(伊豆で有名な。他の店のものは不可)と酒の組合わせが小生は一番良いと思います


特撰と北海だこのさしみ
特撰とキャベツの夜づけ



「肴」と言えば、私は何と言ってもごぼう料理。それも勝どきの(有)小馬で、ていねいな職人技で下ごしらえされたごぼうで作る「きんぴら」「筑前煮」です!



アンケート特集でお酒の飲み方、お肴を教えて貰うのが楽しみです。
間もなく84才になりますが、飛行機乗りだった軍隊。ほとんど政治部勤務だった新聞社勤め、その全部を酒嫌いで通し。この10年位、少しなめるようになつたお酒の小学生です。



夏は、枝豆に冷やした特撰
刺身と浅漬けの香の物で別撰



1,熱燗の別撰と青柳の舌切り、酢みそ
2,常温の別撰と熱奴(あたためた絹ごしにからいりしたあげ玉ねぎ)
3,冷たい白ラベルとのりチーわさび
※図入りの解説ありがとうございます。



日本酒と冷奴です。冷奴はほぼ毎晩です。司馬遼太郎氏の小説に大村益次郎氏は「出世しても酒の肴は豆腐であった」という一節があり、ニンマリしたことがあります。



少し冷やした特選と冷奴



どんなお酒でも(冷、ぬるめ、熱)
・生ハムにわけぎや白髭ねぎを少し巻いて。



私はぬるく温めた別撰にお刺し身が好きです



別撰を冷酒で飲んでいます
きんぴら、切り干し大根と油揚げの煮物、
ひじき、おふくろの味の煮物で
チビチビが最高です



無垢が好き
暑い時は少しだけ冷やして、今からなら常温が良い。肴は(いつもは
主婦として自分で用意するけれど、もし用意してもらうのであれば)
ごま豆腐、ジーマミ豆腐、肴の西京づけ焼き、里芋煮、ほうれんそうのごまあえ、などが少しずつあったらいいです。



(じゃが芋と鳥肉の白ワイン煮)
おいもは3mmぐらいの厚さに切り玉ねぎは同じように切り、鳥肉は割合大きめに切ることの方がおいしい。10cmぐらいでもよい。深鍋下に玉ねぎを引きつめ鳥肉その上にじゃがいもと重ねて白ワイン多め塩こしょうで味をつけ蒸煮する。



今が旬、田圃の稲子を捕って来て越乃寒梅をたっぷり入れ、甘辛く煮たのを肴にいっぱいも良し。



冷やした無垢と中トロさしみと枝豆



別撰とあじのたたき野菜炒め



冷やした無垢と冷やしたミョウガと油揚げの合いもの(それぞれ刻んで醤油とカツオ節をかける)



ユネスコ基金は大切なことですが、後進国の多くは一部の人の欲望で争いが絶えません
その国と大人がもっと子供のことを考えるべきです
世界に本当意味での平和が欲しい



ぬる燗にぶり大根・・・あとはおでんかな!



今の季節なら「さんまの刺し身」に冷やした寒梅



      戻る      TOPページを開く