選挙公報です。

 東京都選挙管理委員会のおねえさん(と呼んでいます)に丁寧に教えていただいて、私はadobeのpagemakerで作成しました。書き方の画像も載せていますが、手書きでも大丈夫だそうです。後段の年金受け取りに行くお年寄りのくだりが気に入っています。それにしても、当時の「自民党を愛している」には怒りました!それを言っちゃあお終ぇよ!「国民」は?という事です。深く憤りました。あんた方がしっかりしてれば立候補なんてバカな事もせずにすんだのに・・・。・・・ちくしょう

 検索エンジンにひっかかり易いように以下にテキストで全文を載せています、お許し下さい。



      戻る      TOPページを開く



有権者に責任有り 不信任も白票で 前田真司は投票率90%越えを目指し、父の許しを得ようと努め落涙、立候補しています。「国民」と呼ばれている方々はしっかりしておられますか、我々の事であります。政治家が愛するのは自民党になってしまいましたが、選んだのは我々なのであります。選ぶことさえしない、舐められっぱなしの「国民」もおられる日本の生活は良いでしょうか。働けず、弱い者をいじめ、親世代の生活を脅かす、暗黒面が顔をもたげる日本人でありますが、日本人が働く姿は美しく、日本人が子供を守る姿は強く、日本人の他を思いやる心は優しく、真面目な日本人はホモサピエンスの良き姿そのままであり、輝いています。日本丸の設計図となる我々の選挙権は輝いておられますか! 未成年者はこれから共に歩む日本社会について、今回の選挙を通じて考え、親御様は子供のためにも、生んでくれたご両親のためにも、何よりご自身夫婦のために、爺さん婆さんはこれからもお国のお世話になる子供孫ひ孫のためと、9月12日に死んで49日後にまた日本に生まれるかもしれないご自身のためにも、話し合い選り抜き、9月11日衆議院選挙の日は輝きましょう!特にお年寄りの皆様、今の日本があるのは皆様のおかげであります。皆様の生でこの日本はあるのです。どうぞ最後まで生命を輝かせ続け、9月11日は投票所まで足をお運び下さい。お年寄りの闊歩される姿に、私のような若年者どもは心新たに致し、正しい明日を歩むのであります。年金受け取りに銀行まで歩くではありませんか。我々のための政治家を選んで下さい。良い人がいないのであれば白票を投じるのです。棄権したのでは政治家に舐められ、政治を悪くするのです、我々によってであります。 若輩勝手を申しました、掲示板のポスターもどうぞよろしくお願い致します、みなさまのおかげの立候補であります、お許し下さい。 昭和50年12月墨田区生まれ 荒川区立第四日暮里小学校卒業(統廃合により現ひぐらし小学校)荒川区立第十中学校卒業(統廃合により現諏訪台中学校)東京都立竹台高等学校卒業 平成8年自動車運転中に死亡事故 業務上過失致死罪で起訴、有罪 禁固1年4ヶ月執行猶予4年 平成16年任表千家講師 平成17年日本赤十字社より厚生労働大臣感謝状推薦を辞退 平成17年8月15日 ご遺族へ立候補を願い出ご了解 現在 親譲り会社社長 竹台高校茶道部指導役